子供GPSで防犯安全対策・GPS携帯・ブザー比較

子どもに持たせる、安全・防犯対策、防止グッズの代表的なものは
子供用GPS位置情報確認、GPS携帯電話、防犯ブザー(防犯ベル)です。

子ども(主に小学生)の緊急時、犯罪や不審者から守るための

・護身用の防犯ブザー(防犯ベル)
・居場所検索と通話ができるGPS携帯電話
・GPS発信機からの位置情報検索用・小型GPS

これら3つの特徴を知り、適切な使用をすることで
子どもの防犯、安全、護身、位置確認、迷子対策が可能となります。

GPSは、子どもの移動状況を追跡できるシステムで
パソコンや携帯電話から居場所が検索できます。

防犯対策だけではなく、事故が起こる前やトラブルを察知した直後に
子どもの現在地を検索して、居場所に行くことが可能です。

◎防犯ブザー(防犯ベル)の特徴
 ・購入費用、維持費が安い。
 ・ブザーを鳴らしても、救助が無かったとの報告がある。

◎GPS携帯電話の特徴
 ・購入費用、維持費が必要。
 ・GPS位置情報検索で子供の移動状況と現在の位置がわかる。
 ・不安を感じた時に電話をすれば、子供の声が聞ける。
 ・持ち込み禁止の学校が多い。
 ・非常時に電話を掛けられなかった例がある。

◎小型GPS位置検索サービスの特徴
 ・購入費用、維持費が必要。
 ・GPS位置確認の検索で、子供の移動、現在地の情報がわかる。
 ・不安を感じた時にGPS端末に合図を送れば、子供の安否がわかる。
 ・暗い所や危険な場所を通る前に信号を送れば集中監視してくれる。
 ・緊急時には、ボタン一つで緊急対処の手配ができる。

子どもの安全確保のために、これらの防犯対策グッズを使用することは
親側の安心感にもつながります。

安心感プラス、いざという時の緊急対策を考えると
セキュリティー会社のGPS端末が候補に上がるでしょう。

子どもが低学年の3年間、または1年生から6年までのコストは
購入費や維持費のトータルで計算してみると
GPS携帯電話を使った場合と比べて、大差はありません。

ココセコムの子供用GPS

子供のGPS携帯と防犯ブザー

こども用のGPS携帯防犯ブザーを使用している場合、以下のような問題に直面している現状があります。

子供の入学時に防犯ブザーをプレゼントしてくれる学校も多いが、役に立たず付けているだけになっているケースが多い。

いざという時にすぐ鳴らせる防犯ブザーは、その反面必要ないときに日常茶飯事で頻繁に鳴ってしまうからです。

ちょっと何かにひっかけただけで鳴ってしまう事もあり、毎日誰かしら防犯ブザーを鳴らしているのが現状。
これが頻繁に毎日続くので、誰も防犯ブザーの音に反応しなくなってしまったという現実です。

本来は警報であるはずの音が聞きなれた音になってしまっている。

また、携帯電話の持ち込みを原則禁止とする学校や自治体が増えて話題になっているが、やはり問題のある状況が出ています。

GPS携帯電話の防犯設定は、子どもが塾に行ったときなどに、携帯の電源を切るたびに緊急連絡メールがくる、習い事の教室で、電源を切ると緊急連絡がくるなどのサービスを使っている例が多いのが現状。

子どもの外出時にGPS携帯を持たせたら、ちょっとした弾みで防犯フックが何度も抜けて、そのたびに緊急連絡電話がかかったり、緊急連絡メールが何度もきて困ったなど様々です。

結局、誤報が多すぎてGPS携帯電話の設定で、防犯機能を使えなくしている例が多くなっています。

これでは、子供の防犯用で与えたGPS携帯電話の、本来の使用目的を果たしていないことになります。

子供を守るGPSの活用法とは
 

防犯ブザーは子供を守れるか?

小型GPS機器やGPS携帯を子供に持たせて、子供を様々な犯罪から守ろうという動きは、最近では学校や自治会、警察、その他の団体などと協力しながらすすめられています。

防犯ブザーは、GPS機器が普及する前に、子供や女性の護身用として一般に知られる存在となりました。

価格も手頃で子供に持たせるグッズとしては手軽なもの。

不審人物などは、このブザーの音で他人に注目されるのを嫌うため効果を発揮します。

ただし、例外も・・・

小学4年生の女子児童が、学校帰りに露出魔に遭遇し、防犯ブザーを鳴らした。

露出魔は「ふざけんな、この野郎」と児童を殴って逃走。

女子児童は、現場から防犯ブザーを鳴らしたまま15分の道のりを泣いて帰ったが、児童に声をかけてくれる人はいなかったという。

後の、現場聞き込み調査で判明したことは

「女子児童に声を掛けたら、自分が何かの犯人と間違えられる」
「まさか、事件に巻き込まれているとは思わなかった」

などの証言が得られたとのこと。

地域の意思疎通が進んでいる、防犯モデル地区であればこのようなことは少ないでしょうが、人間関係が希薄な社会、地域ではこのようなことが頻繁に起きても不思議ではありません。

GPS携帯には、防犯ブザーや自宅への自動連絡機能が付いているものがありますが、これは、防犯ブザーだけで補えない部分をGPS機能でカバーできる点が魅力です。

緊急連絡があっても自分では即時対応できない場合の方策としては、GPSサービス会社の現場急行サービスがあります。

子供が事件に巻き込まれてからでは遅いのです。

対応策としては、ココセコムなどの現場急行サービスを利用する方法があります。
 

GPSで子供の防犯対策

GPS機器を持たせる子供の層は、小学校低学年の場合が多いのが現状です。
携帯電話などの所持を禁止している小学校の生徒などには、親が率先して対応GPS機器の携帯を支持しています。

GPS端末は通常は首からストラップで提げるか、ランドセルに取り付けて利用するケースが多いパターンです。

利点は
・子供が不審者から逃れるために、自らボタンひとつで緊急を伝えられる。
・子供の行動軌跡が判るので、危ない場所への立ち寄りをチェックできる。
・想定外の移動状況を監視でき、適切な対応ができる。
・事件があったときは、記録から調査がスムーズに行われる。
・警備会社と連動していれば、不審通報でスグに現場急行してくれる。


保護者は子供の移動中の経路が確認できるほか、長時間の通信が途絶えた場合に通報したり、状況確認したりのサービスを多く利用しています。

犯罪者に端末を破壊されたりした場合でも、直前までの移動経路が把握できるため、犯罪捜査の手がかりにもなるほか、事前に犯罪を防止するための役割としても、GPS機器は強力な助っ人となり得ます。

このようなサービスで実績があるのはココセコムです。
 
 
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。