徘徊する認知症老人にGPS携帯

認知症などの徘徊老人にGPS携帯を持たせて位置確認をするには、子供用のGPS携帯や、簡単らくらくホンのような携帯電話でGPS検索サービスが使える物を選ぶといいでしょう。

携帯電話であればいざという時に電話連絡も可能だが、問題は残ります。

普段携帯電話を使い慣れない老人が、外出時に具合が悪くなったとき、自分で携帯電話をいじるのが困難な場合が想定されるからです。

このような場合、子供用のGPS携帯であれば防犯用ブザーのひもを引くだけで、現在地がメールで送られてくるサービスが重宝します。

しかしながら、高齢者が自分の危機をわざわざブザーで教えてくれるとは限りません。また、家族が全て勤めや学校に行っている時間帯に、緊急を知らせるメールが届いたとしても、早急に駆けつけることが困難なケースも多いはずです。

現場に急行してくれるサービス付きの人用GPSを使えば、この問題は解決します。

端末の大きさはタバコのショートホープ位で、53gと軽量です。
隠しポケットや、お守り袋に入れるなどして簡単に携帯できます。

ココセコムが良く知られているサービスです。
  
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。