動物にGPS

熊にGPS 冬眠中クマを寝たまま調査。
 
石川県白山自然保護センター(白山市上野町)は2日、冬眠中のツキノワグマの心拍数や呼吸数などの調査に成功したと発表した。

同センターによると、自然の山中で冬眠しているクマのデータ採取は全国的にも珍しいという。

全地球測位システム(GPS)付きの首輪が外れなかったことなど、偶然が重なった結果で、同センターは「幸運にも貴重なデータが得られた」と喜んでいる。

同センターでは2000年度からツキノワグマの行動域や活動量などの調査を始め、06年9月、ドラム缶式のオリで捕獲したメスのクマ(当時10歳)に初めてGPSの端末を首に付けて追跡調査した。

ところが首輪が自動で外れるための時限落下装置が機能せず、予定の1年が過ぎても首輪は外れなかった。

発信機の電波が微弱ながら残っていたので、クマのおよその冬眠位置を把握し、今年3月上旬に周囲を探したところ、雪に埋まった冬眠穴の一部を見つけた。

吹き矢でクマに麻酔をかけて、血液などを採取し、GPS機器も回収できたという。心拍数は1分間に45回、呼吸数は同21回だった。

上馬康生・同センター主任研究員は「たまたま首輪が外れず、発信機の電波が残っており、穴も発見できた。偶然が重なった結果」と話す。

同センターはGPSで得られた時期ごとの位置情報や活動量からクマの行動様式を分析し、山中や里山での接触被害対策などに役立てる方針だ。

今回調べたクマには新たなGPS付きの首輪を付けており、今後も調査を続けるという。

参考記事2008年05月09日Asahi.com
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。