GPSで子供の防犯対策

GPS機器を持たせる子供の層は、小学校低学年の場合が多いのが現状です。
携帯電話などの所持を禁止している小学校の生徒などには、親が率先して対応GPS機器の携帯を支持しています。

GPS端末は通常は首からストラップで提げるか、ランドセルに取り付けて利用するケースが多いパターンです。

利点は
・子供が不審者から逃れるために、自らボタンひとつで緊急を伝えられる。
・子供の行動軌跡が判るので、危ない場所への立ち寄りをチェックできる。
・想定外の移動状況を監視でき、適切な対応ができる。
・事件があったときは、記録から調査がスムーズに行われる。
・警備会社と連動していれば、不審通報でスグに現場急行してくれる。


保護者は子供の移動中の経路が確認できるほか、長時間の通信が途絶えた場合に通報したり、状況確認したりのサービスを多く利用しています。

犯罪者に端末を破壊されたりした場合でも、直前までの移動経路が把握できるため、犯罪捜査の手がかりにもなるほか、事前に犯罪を防止するための役割としても、GPS機器は強力な助っ人となり得ます。

このようなサービスで実績があるのはココセコムです。
 
 
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。