アルツハイマー認知症徘徊にGPS



GPS付きブレスレットの提供を、アルツハイマー病の認知症徘徊対策に検討していることを、カナダのモントリオール警察の幹部が語った。

すでにカナダでは、条件付き釈放中の服役囚にGPSブレスレットを使用している。

アルツハイマー型の認知症は、認知機能低下、人格の変化が主な症状として現れる認知症の一種で、日本では脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプ。

アルツハイマー型の認知症は、遺伝性のものと、60歳以上の高齢者に発症する、老年認知症に大別される。

GPS位置情報検索の利用は、認知障害の症状が進行して徘徊する老人の迷子対策として注目されている。
 
 
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。