子供のGPS携帯と防犯ブザー

こども用のGPS携帯防犯ブザーを使用している場合、以下のような問題に直面している現状があります。

子供の入学時に防犯ブザーをプレゼントしてくれる学校も多いが、役に立たず付けているだけになっているケースが多い。

いざという時にすぐ鳴らせる防犯ブザーは、その反面必要ないときに日常茶飯事で頻繁に鳴ってしまうからです。

ちょっと何かにひっかけただけで鳴ってしまう事もあり、毎日誰かしら防犯ブザーを鳴らしているのが現状。
これが頻繁に毎日続くので、誰も防犯ブザーの音に反応しなくなってしまったという現実です。

本来は警報であるはずの音が聞きなれた音になってしまっている。

また、携帯電話の持ち込みを原則禁止とする学校や自治体が増えて話題になっているが、やはり問題のある状況が出ています。

GPS携帯電話の防犯設定は、子どもが塾に行ったときなどに、携帯の電源を切るたびに緊急連絡メールがくる、習い事の教室で、電源を切ると緊急連絡がくるなどのサービスを使っている例が多いのが現状。

子どもの外出時にGPS携帯を持たせたら、ちょっとした弾みで防犯フックが何度も抜けて、そのたびに緊急連絡電話がかかったり、緊急連絡メールが何度もきて困ったなど様々です。

結局、誤報が多すぎてGPS携帯電話の設定で、防犯機能を使えなくしている例が多くなっています。

これでは、子供の防犯用で与えたGPS携帯電話の、本来の使用目的を果たしていないことになります。

子供を守るGPSの活用法とは
 
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。