GPS活躍は北京オリンピックでも

GPSは北京オリンピックでも重要な役割を果たしています。
 
北京市内では、テロや犯罪を防ぐためにGPS機能や、監視カメラ、盗聴などが行われている現実があります。

路線バスには、監視カメラとGPS機能を搭載して、不穏な動きがあったときには警察が駆けつけるシステムが稼動し始めました。

バスの車内のみならず、北京市内のバス停にはすでに監視カメラとGPSの連動システムを設置済みとの事。

また、北京市内を走るタクシーには音声を集音し、GPSと連動させたシステムが稼動しているとの事。

車内において、不審な言動があった場合には会話が当局に傍受されており、GPS検索機能を使い、タクシーの現在地まで警察が急行するシステムである。

GPSも使い方次第で、人々の生活を守ったり、過度な監視をしたりと、考え方やとらえ方で賛否両論が出るシステムであるといえます。
 
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。