犬・猫ペットに小型GPS

犬や猫などのペットの迷子・行方不明対策として、小型GPSを装着して探すことが可能だ。

環境省は、動物愛護法に基づくペット飼育基準を改正し、2005年に猫は室内で飼うようにと明記する方針を決めました。

飼い猫が屋外で子供を作ることにより野良猫が増えたり、糞公害が起きたりすることを防ぐための措置です。

法的な強制力はないが、自治体の条例制定を促し、飼い主の理解を求めたいとしている。

基準では、猫の室内飼いを推奨し、自由に外出できるようにして飼う場合は不妊・去勢措置の徹底を求める。

基本的に室内飼いをしたいところだが、できればGPSを付けてでも外に出してあげたいと思うのは愛情があれば当然の事。

GPS端末を、胴輪やペット用リュックにいれて持たせてあげるといいでしょう。

GPSを嫌がる猫には、超小型のGPSロガーを使う方法もあります。
 
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。