子供GPSで防犯安全対策・GPS携帯・ブザー比較

子どもに持たせる、安全・防犯対策、防止グッズの代表的なものは
子供用GPS位置情報確認、GPS携帯電話、防犯ブザー(防犯ベル)です。

子ども(主に小学生)の緊急時、犯罪や不審者から守るための

・護身用の防犯ブザー(防犯ベル)
・居場所検索と通話ができるGPS携帯電話
・GPS発信機からの位置情報検索用・小型GPS

これら3つの特徴を知り、適切な使用をすることで
子どもの防犯、安全、護身、位置確認、迷子対策が可能となります。

GPSは、子どもの移動状況を追跡できるシステムで
パソコンや携帯電話から居場所が検索できます。

防犯対策だけではなく、事故が起こる前やトラブルを察知した直後に
子どもの現在地を検索して、居場所に行くことが可能です。

◎防犯ブザー(防犯ベル)の特徴
 ・購入費用、維持費が安い。
 ・ブザーを鳴らしても、救助が無かったとの報告がある。

◎GPS携帯電話の特徴
 ・購入費用、維持費が必要。
 ・GPS位置情報検索で子供の移動状況と現在の位置がわかる。
 ・不安を感じた時に電話をすれば、子供の声が聞ける。
 ・持ち込み禁止の学校が多い。
 ・非常時に電話を掛けられなかった例がある。

◎小型GPS位置検索サービスの特徴
 ・購入費用、維持費が必要。
 ・GPS位置確認の検索で、子供の移動、現在地の情報がわかる。
 ・不安を感じた時にGPS端末に合図を送れば、子供の安否がわかる。
 ・暗い所や危険な場所を通る前に信号を送れば集中監視してくれる。
 ・緊急時には、ボタン一つで緊急対処の手配ができる。

子どもの安全確保のために、これらの防犯対策グッズを使用することは
親側の安心感にもつながります。

安心感プラス、いざという時の緊急対策を考えると
セキュリティー会社のGPS端末が候補に上がるでしょう。

子どもが低学年の3年間、または1年生から6年までのコストは
購入費や維持費のトータルで計算してみると
GPS携帯電話を使った場合と比べて、大差はありません。

ココセコムの子供用GPS
携帯電話位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。